新型コロナウイルス感染症対策|名古屋市中川区、鳥森駅で歯科をお探しの方は【ながら歯科医院】まで

時間 日・祝
9:00~12:30
14:30~19:30
★:14:30~18:30

愛知県名古屋市中川区長良町2-106 荒川ビル内

  • 電話
  • メニュー

滅菌対策にこだわる理由

2017年の調査によると、歯科医療機関の約半数以上で、
使用済みのハンドピース(歯を削るドリル)を滅菌せずに使い回しをしているとのことでした。

ハンドピースは治療時に口の中に入れるため、血液やだ液が付着する可能性も高く、
もし付着している状態で使い回しをしているとウイルスや細菌の感染原因にもなります。

昨今のCOVID-19の世界的な感染拡大から患者さんおよびスタッフの身を守るため、
ながら歯科医院では常日頃から行っている感染予防対策に加え、
以下の取り組みを実践し、患者さんへのご協力もお願いしております。

受診前のご確認

当院では院内感染予防のため、受診の前に「事前重症度判定」をしております。
その際、明らかに陽性または陽性の確率が高い患者さんの受診予約は、延期させていただきます。

確認事項

  • イメージ画像

    37.5度以上の熱があるか
    (当院では風邪症状のある方は予約日時の延期をお願いしています。熱が37.0度の場合でも同様に変更させていただきます)

  • イメージ画像

    味覚・嗅覚異常の有無

  • イメージ画像

    同居している人に風邪症状があるか、自己隔離されていないか

  • イメージ画像

    過去2週間以内(当院では念のために3週間以内にしています)の海外渡航歴、あるいは渡航歴がある方との濃厚接触既往歴、関東・関西への移動歴があるかの有無

  • イメージ画像

    50名以上が集まるイベントや集会へ参加していないか

  • イメージ画像

    糖尿病、呼吸器疾患などの基礎疾患の有無

また、合わせて当日の体温を非接触型体温計で測定させていただいております。

感染予防対策の流れ

疾病の感染拡大を防ぐためには、人と人との物理的距離を保つ「ソーシャルディスタンス」が重要です。
当院では感染予防のため、ご予約の方には車内など院外での待機をお願いしております。
前の患者さんのクリーンアップ(環境設定、通路の消毒)が完了後、
スタッフがお電話にてお呼びし、換気状態のいい診療室にご案内いたします。
お入りになりましたら、院内の物にはできる限りお手を触れないようお願いいたします。

  1. 1はじめに

    イメージ画像

    治療前に、高い殺菌力と安全性がある洗口剤でうがいをしていただき、口腔内を消毒してから治療を開始します。

  2. 2治療準備

    イメージ画像

    スタッフは、可能な限りサージカルマスクやゴーグルあるいはフェイスシールドといった個人防護具(PPE)を準備します。

  3. 3会計

    イメージ画像

    診療が終わりましたらインカムを使い、受付スタッフに会計準備をするように伝えます。
    準備が出来次第、会計に直行していただき、患者さんが待合室にいる滞在時間を極力短くいたします。
    また、受付で患者さんが触れるものは、毎回アルコール消毒を行います。

  4. 4診療室のクリーンアップ

    イメージ画像

    患者さんが退出後、クリーンアップ時間を設けて室内の消毒と換気を行います。
    診療台は消毒用アルコールを用いて、丁寧に拭き取りをいたします。
    また、患者さんの接触部位があれば消毒をいたします。

さまざまな衛生設備

当院では院内環境を清潔に保つために、さまざまな設備を導入しています。

水を清潔に保つ「ポセイドン」

歯科医院では、器具の洗浄から治療、クリーニング、うがいの時など、あらゆる場面でお水を使用します。そのお水を清潔に保つため、当院では中性電解水生成装置「ポセイドン」を導入しております。
「ポセイドン」は、人と自然に優しい電解中性機能水を作り出し、院内で使用するすべてのお水を除菌することが可能です。 これにより、細菌の繁殖を抑え、衛生的な治療環境を保つことができます。

イメージ画像

医療用空気清浄機「エアロシステム」

当院の空気清浄機は、大規模な医療施設などで使われている「エアロシステム」というものを使用しております。
一般的な空気清浄機の7~10倍の空気清浄能力を誇り、花粉や微小粒子状物質(PM2.5)などを除去するパワーはもちろん、細菌やウイルスを除菌して、院内全体を清潔に保ってくれます。
さらに、コロナウイルスの除去も可能であると言われています。
定期的にメンテナンスを実施しており、常にクリーンな空気環境を造っています。

イメージ画像

高速滅菌器「STATIM」

ハンドピースは、患者さんの唾液や血液を吸い込む恐れがあるため、最も危険な感染源のひとつです。
当院では、最短約7分と高速での滅菌が可能な「STATIM」という高速滅菌器を使用し、ハンドピース内部まで滅菌しております。

イメージ画像

口腔外バキュームの使用

診療室の空気中には、治療で発生する歯の粉、金属片、唾液、血液など目に見えない細かな粉塵が飛び散ります。口腔外バキュームはこうした粉塵を瞬時に吸い込むことで、治療環境を清潔に保つだけでなく、院内感染のリスクも減らすことが可能です。

イメージ画像
ページトップへ